■■ 日本酒選びの基礎知識 ■■

 

日本酒選びの基礎知識

 数多くの銘柄の中から、選んで飲み比べるのは日本酒ならではの楽しみです。以下を参考して自分に合う日本酒を探してみてください。

 

 1.日本酒の法律上の区分を参考にする!

 日本酒は、酒税法により特定名称酒と普通酒に区分されます。特定名称酒は、醸造方法の違いにより3種類に区分され、さらに精米歩合・醸造用アルコールの使用の有無により、全部で8つに区分されています。
 
 

特定名称

使用原料

精米歩合

香味等の要件

吟醸酒

 大吟醸酒 米、米麹
醸造アルコール

50%以下

吟醸造り、固有の香味・色沢が特に良好

 吟醸酒

米、米麹
醸造アルコール

60%以下

吟醸造り、固有の香味・色沢が良好

 純米大吟醸酒

米、米麹

50%以下

吟醸造り、固有の香味・色沢が特に良好

 純米吟醸酒

米、米麹

60%以下

吟醸造り、固有の香味・色沢が良好

純米酒

 特別純米酒

米、米麹

60%以下

(または特別な製造方法)

香味、色沢が特に良好

 純米酒

米、米麹

70%以下

香味、色沢が良好

本醸造

 特別本醸造酒

米、米麹
醸造アルコール

60%以下

(または特別な製造方法)

香味、色沢が特に良好

 本醸造酒

米、米麹
醸造アルコール

70%以下

香味、色沢が良好

普通酒 = 以上の項目に当てはまらない日本酒

 

 

 2.日本酒は、味と香りの特性から四つのタイプに分けられる! 

 日本酒は、味そして香りの特性から大きく四つのタイプに分けられます。日本酒の味、香りの二つの軸で区切ることで、いろいろな日本酒を、薫酒・熟酒・爽酒・醇酒の四つのタイプに分けることができます。
 
 

 3.それぞれのタイプに合う料理

 

●薫酒に合う料理 = 香りと反発しないあっさりした料理

 
  和食=鮎の塩焼き・山菜のてんぷら・ひらめのこぶじめ
  洋食=魚介類のグラタン・ほたてのワイン蒸・白身魚のムース
  中華=八宝菜・棒々鳥・春巻

 

●爽酒に合う料理 = 淡白な料理

 
  和食=茶碗蒸し・生がき・湯豆腐
  洋食=シーフードサラダ・ポテトサラダ・ロールキャベツ
  中華=かにシュウマイ・かに玉・春巻きサラダ

 

●醇酒に合う料理 = 強い風味の料理

 
  和食=とんかつ・すきやき・やきとり
  洋食=フライドチキン・ハンバーグ・クリームシチュー
  中華=焼きギョウザ・酢豚・麻婆豆腐

 

●熟酒に合う料理 = 濃厚な旨みと油脂を多く含む肉料理

 
  和食=うなぎの蒲焼・豚の角煮
  洋食=ラムステーキ・スパゲティーミートソース・ビーフシチュー
  中華=シュウマイ・甘酢あんかけ・北京ダック

 

 

 

■■ 通信販売のご案内 ■■

 

 

のろきち商店 青森県西津軽郡深浦町驫木亀ヶ崎117の1
代表:野呂 ユコ  E−ショップ担当:野呂 秀昭
TEL:0173-74-2010    FAX:0173-74-4356
mail:info@norokichi.com


Copyright (C) 2001 Liquor shop norokichi All rights reserved